Outputter

0
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)

SWOT分析

ryu 2013年1月10日

Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の4つの視点から企業の全体評価を行うための分析手法。
SWOT分析によって自社にとっての成功要因(KSF)や事業機会を導き出すことと、自社の弱みと最悪の外部環境が重なった時のリスクメネジメントに役立ちます。

【目次】
具体的な分析方法
結果に対しての施策

具体的な分析方法

①マクロ要因やミクロ要因を分析し市場における機械と驚異を整理し促進要因と阻害要因を見極める。
マクロ要因:政治・経済・社会情勢・技術進展・法的規制など
ミクロ要因:市場規模・成長性・顧客の価値観・価格の傾向・競合他社・協力会社など

②自社と競合を分析し、自社の強みと弱みを整理する。
 (自社の有形・無形の経営資源、商品力・コスト体質・販売力・技術力・ブランドなどが競合に対して優れているか?劣っているか?で分類する。)
 ※成長戦略の源泉は、自社の強みです。自社の強みは、積極的に掘り起こす必要があります。

③市場における機会と驚異に対して自社の強みをどう活かすのか?自社の弱みをどう克服するのか?を検討する。

SWOT分析の注意点

「強み」「弱み」は、相対的な評価なので、自社をどのポジションに設定するのか?競合をどこに設定するか?によって異るため、事業やサービスごとに柔軟に作り変える必要があります。
また、同じ環境であっても企業の主観的認識により「機会」にも「脅威」にもなり得ることも理解しておくことが重要です。

結果に対しての施策

強み+機会 差別化を進めるなど、攻めの戦略を取る。
強み+驚異 どうやって脅威を回避してチャンスに変えるか
弱み+機会 弱みを克服してチャンスを創る。
弱み+驚異 起こりうる危機を予測し事前に弱みを克服しておく事が重要だが、弱みを克服してもチャンスにはならない、撤退などの選択も必要。

影響力を持つ企業であれば、成功要因(KSF)自体を変えるために外部環境に働きかけ業界のルールを変える方法もある。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/5 (0 votes cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)

Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!