Outputter

0
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.5/5 (1 vote cast)

イノベーター理論

ryu 2013年1月12日

イノベーター理論とは、顧客タイプを新商品発売から購入時期の早い順に五つに分類したものです。

5つの顧客タイプ

イノベーター理論

イノベーター (革新者)

 
リスクを恐れず冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する。
技術的な知識も総じて高く、分野によってはマニアと呼ばれることもある。
イノベーターは仲間内での情報交換が盛んだが他の層への影響度は低い。
市場全体の2.5%。

アーリーアダプター (初期採用者)

流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する。
他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる。
この段階でのマーケティング課題は
製品の本質的な機能を認知させる事なので、クチコミの威力を発揮するアーリーアダプターをいかに取り込むかが成功の鍵となる。
市場全体の13.5%。

フォロワー (前期追随者)

平均より早くに新しいものを取り入れるが比較的慎重なタイプ。アーリーマジョリティ、又はブリッジピープルとも呼ばれる。
この段階になると需要は急拡大し、売上も加速度的に増加する。
市場全体の34.0%。

レイトフォロワー (後期追随者)

周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする、保守的なマインドを持った層。レイトマジョリティーとも呼ばれる。
市場全体の34.0%。

ラガード (遅滞者)

最も保守的な層。流行や世の中の動きに関心が薄くイノベーションが伝統になるまで採用しないことから伝統主義者とも訳される。
他の購入者への影響度は低い。
市場全体の16.0%。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 2.5/5 (1 vote cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: +1 (from 1 vote)

イノベーター理論, 2.5 out of 5 based on 1 rating

Login to your account

Can't remember your Password ?

Register for this site!